profile会社概要

社名 昭和金属工業株式会社
創立 1943年2月11日(昭和18年)
資本金 9,800万円
代表者 代表取締役社長 小川 昭彦
事業所 ■本社・工場
 〒309-1211 茨城県桜川市岩瀬2120番地
 TEL:0296-76-1811 FAX:0296-76-1815

■営業本部
 〒101-0022 東京都千代田区岩本町三丁目11番4号
 サトケイビル9階
 TEL:03-6821-5741 FAX:03-6821-5740
事業内容 火工品の開発、製造および販売
金属類の再資源化処理
従業員数 144名(2023年11月1日現在)
取締役 代表取締役社長 小川 昭彦
取締役     大和 祐之
取締役     六川 英彦
主要取引先

・防衛省、その他の省庁
・旭精機工業株式会社
・株式会社YDKテクノロジーズ
・リコーエレメックス株式会社
 その他

認証 ISO9001-品質マネジメントシステム
 規格:ISO9001:2015 = JIS Q 9001:2015
有資格者

■主要資格取得者 ※2023年10月1日現在
・火薬類製造保安責任者
・火薬類取扱保安責任者
・危険物取扱者(甲種)
・危険物取扱者(乙種全類)
・毒物劇物取扱責任者
・電気主任技術者(第3種)
・公害防止管理者 水質関係(第2種)
・公害防止管理者 大気関係(第4種)
・公害防止管理者 騒音・振動関係
・公害防止管理者 一般粉じん関係
・ガス溶接作業主任者
・ガス溶接作業者
・アーク溶接作業者
・プレス機械作業主任者
・有機溶剤作業主任者
・特定化学物質作業主任者
・鉛作業主任者
・保護具着用管理責任者
・フルハーネス型墜落制止用器具取扱者
・エックス線作業主任者
・非破壊試験技術者
・大型自動車運転免許取得者

沿革

昭和金属工業は、あらゆる企業活動を通じて社会に貢献し従業員の生活向上を図ります。

1943年2月 創業 東京京橋区に本社設立
   板橋工場を開設
1945年8月 終戦にともない一時事業を休止
1946年9月 各種押出しチューブの製造を開始
1951年6月 小型薬莢の製造を開始
1953年9月 昭和火工(株)を合併し川崎工場を取得
空包・信号弾等の各種火工品の製造を開始
1967年7月 岩瀬工場建設工事着工
1968年5月 岩瀬工場完成 川崎工場を岩瀬に移転
1970年12月 日本油脂(株)の資本参加・技術援助を得てその傘下に入る
1971年7月 板橋工場及び本社を岩瀬に移転
1971年11月 東京支店(東京都豊島区南池袋)を開設
1973年4月 日本油脂(株)川越工場の銃用雷管製造設備を導入
小火器向け銃用雷管及び装弾用雷管の量産を開始
1977年8月 日本油脂(株)川越工場の各種火工品製造設備を導入
近接信管の填薬組立及び民需用火工品の製造を開始
1994年4月 日本油脂(株)武豊工場のBN切削工具製造設備を導入
BN切削工具の製造・販売を開始
1995年6月 自動車用安全部品(シートベルト用ガス発生器SGG)の量産を開始
1996年9月 使用済み金属再資源化事業を開始
1997年4月 電気発火式弾底信管の填薬組立及びミサイル用火薬部品の製造を開始
1999年10月 平成11年度防衛装備協会賞受賞
2000年11月 自動車用安全部品(シートベルトプリテンショナー用ガス発生器E-GG)の量産開始
2003年3月 ISO9001認証取得
2004年6月 (株)パイロセーフティデバイスの会社解散により同社の業務継承
2007年10月 SGGの製造終了
2013年8月 無鉛雷管初出荷
2015年5月 新型空包初出荷
2017年11月 平成27年度防衛基盤整備協会賞受賞
2018年7月 組織変更:東京支店を営業本部、開発部を研究開発部に改組
2021年7月 E-GGの製造終了
2023年2月 創立80周年を迎える
2023年11月 営業本部を東京都千代田区岩本町に移転